2020-04-07

ブランクがあっても資格を活かして働こう

看護師にとって、育児と仕事の両立は大変難しいと言われています。ほとんどの病院で看護師は人手不足の状態なので、夜勤や長時間の残業がある場合が多く、ワークライフバランスを保つのはとても難しいです。また、子どもの場合急に体調が悪くなることも少なくないので、子供の面倒を見るため急に休んでしまうと職場に迷惑をかけることにもなります。

あまり知られていませんが、実は看護師は職場選びを工夫することで、育児と仕事の両立をしやすくなります。両立しやすい職場として人気なのが、保育園です。園児の健康管理や、保健指導といった業務を行います。私立保育園では子供の健康の為に看護師の配置を促進している傾向が強く、保育園勤務の求人が増えつつあります。
保育園勤務が優れている点は、園児に合わせて働くのため、土日祝日がお休みになることです。基本的に日勤のみで残業もないので、規則正しく働くことができます。ただし看護師は一人だけのことが多いので、子供の急病の際の判断力が重要となります。保育園で唯一の医療従事者なので、困っても周囲に誰も助けを求めることができません。そういった点がクリアできる人にとっては、とてもいい職場になるでしょう。

その他にも、クリニックでのパート勤務も子育てと両立しやすいと言われています。クリニックでは、同じように子育てをしている世代の看護師がいることも多いので、急に休みたいと言っても理解してくれる人が多いのが特徴です。クリニックによっては勤務シフトの変更にも柔軟に対応してくれるので、育児中のママさん看護師にとって働きやすい環境と言えます。