2020-05-25

ブランクがあっても資格を活かして働こう

看護師を辞めた人の中で、復職を考えているものの、仕事について行けるか不安を抱えている人は多いのではないでしょうか。医療の世界は技術の進歩が早いので、休んでいる間に新たな看護方法や治療が生み出されていることは少なくありません。そのため、復職する前には新しい看護技術の勉強をすることが大切です。潜在看護師の復職支援を目的としたセミナーや研修会も実施されているので、利用してみると良いでしょう。
最近の医療現場について知ることは復職に向けた不安の解消に役立ちます。復職にあまり積極的でなかった方がセミナーへの参加によって前向きに考えられるようになったというケースも少なくありません。復職支援を行う病院も多く、最新の機器や看護技術について学ぶことができます。

復職して看護師として働き始めたとしても、子育てや家事と両立させることができるかどうか悩んでいる人も多いです。そのような場合は勤務時間や日にちを相談可能なパートの求人を探すのがおすすめです。例えば、幼稚園の送り迎えのために働ける時間が限られているようなケースでも、パートであれば余裕をもたせて働くことができます。
雇用が不安定な面はありますが、看護師の人手不足ということもあり、リストラされる可能性は低いと言えるでしょう。病院によっては託児所を設置している所もあります。いざというときにすぐ駆けつけることができるので、安心して働くことができます。託児所がある病院は子育て中の看護師が集まりやすいために、子育てへの理解を得られ、悩みを相談しやすいのも特徴です。